アパート経営を始めるうえで知っておかなければならない項目の一つして始めるタイミングというものがありますので、当サイトではそこらへんのことについて考察していきたいと思います。

アパート経営を始めるのに良いタイミングはあるのかを今一度考えてみましょう

アパート経営をしたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。有効的な不動産投資方法であり資産運用活用法ともいえるでしょう。また、家賃収入があるという事を考えれば安定的な収入も期待できるのです。そこで、具体的にアパート経営を始める時期というものについて考えていきたいと思います。

■アパート経営をする時期を見きわめよう
アパート経営というと、ある程度の資金が必要だというイメージがあります。
このことから、会社員の方であれば定年退職後のタイミングでというケースもあるようです。
しかし、退職後のタイミングとしては少し遅いと考えておいたほうが良いかとも思います。

アパート経営を始めるのに良いタイミングはあるのかを今一度考えてみましょう

■早めに実行するのが吉
お勤めをしている間にローンを組み、物件を購入しているという状態であれば、その返済分は家賃収入で補填し、自らのお給料は生活や貯蓄などとして使うことができるのです。ですから、できればお勤めをしている間に実行していただくのがよいというわけです。

クレジット⇒アパート経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

■資金的に足りないという場合
先のようなスタンスをとると、資金が足りないという事も考えられるでしょう。こうしたケースについてですが「ローンを組む」ということになります。それは、生活費と同じく必要経費やローン返済が必要となり、これらを全て家賃収入から出すと過程すると生活が不安定になってしまいがちです。

以上のことを考えると、お勤めの頃からアパート経営をして退職をする頃にはローンが完済しているというのが理想的ともいえるでしょう。

■タイミングは重要
このように、アパート経営を始めるにもタイミングが必要であるという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。もちろん、個々の生活状況などによっても変わってくるかと思いますので熟考するようにしましょう。

◆中古アパートにはない新築アパートを探す魅力とは
アパートを経営するためには当然ながら「アパート」が必要となってくるわけです。そこで、具体的に物件を探しているという方もいらっしゃるでしょう。アパートを探すとなったとき、中古アパートと新築アパートのどちらかになるかとも思います。

今回は新築アパートを探すと仮定した時、その魅力について考えていきましょう。

■入居者が決まりやすい
新しいアパートであるほうが、皆さんも想像がつきやすいかと思いますが入居者が決まりやすいということが考えられるでしょう。決まりやすいという部分ばかりではなく、ある程度高いお家賃設定にしていても人が集まるという傾向もあるのです。

■ローンを組んでいる方にも有利
ローンを組んで物件を購入し、アパート経営をするという場合は金融機関にとって担保力が高いとも想定することができます。融資額は頭金ゼロに近い形での融資をもらえるというケースも多くなっているのです。このようなローン形式のことを「フルローン」といいます。

■仲介手数料などの問題について
新築の場合ですと、仲介業者ばかりではなく開発業者から「直接購入」をすることが出来る場合が多いのも魅力の1つです。このことにより、仲介手数料を抑えることが可能だというわけです。物件価格の3%程度を節約することが出来るでしょう。安い買い物ではありませんので、かなり大きな節約となってくれるのではないでしょうか。

■新築のメリットは多い
もちろん、中古アパートだから良くないというわけではありませんが、新築アパートだからこその魅力もあるのです。
物件価格ばかりを見るのではなく、双方のメリットについても考えた上で進めていくと納得した形でアパート経営を進めていけることでしょう。

最新記事

情報交換会に参加をしてアパート経営をよりよい環境へ

今では、不動産投資会社が主催をしている不動産投資セミナーというものがよく開催されています。


Copyright© 2016年8月3日 タイミングが重要だと言われているアパート経営について考察していくサイト
http://www.vic-info.org All Rights Reserved.